AI版(?)BJ、話題になってるのかな~
外の反応全然見ないからわからない…。


TEZUKA2023ブラック・ジャック 機械の心臓―Heartbeat Mark II/原作:手塚治虫 作:TEZUKA2023プロジェクト
AIと人間が手を組んだ、という完全新作。
ブラック・ジャックは読んではいるんですがあんま覚えてないくらい前だし他の手塚作品を読んでない超ニワカなのでアリかナシかみたいなの判定できる読者でもないんですが。
読切としては綺麗にまとまってる、という感想…あとはあの…バカが露呈してお恥ずかしいですが小難しいなというのが正直な感想で…。
どこまでが人間、とピノコが問うシーンがよかったな。
まああと超個人的な気持ちをいうと自分が大好きな永遠の一手とか、それこそ先週まで連載されていた堀翔一先生作品が掲載されていた週チャンでAIから生み出された新作漫画を載せるようになったんだなあ。みたいな妙な気持ちがありますが…。複雑。


魔入りました!入間くん/西修
じつは悪魔、魔界にとっての人間の存在がいまいちわからないんですよね。
最初はとって食うとかいうイメージの話だった気がするんですが、それだけじゃない忌むべき存在というふうに描かれているような。
でもそれを吹き飛ばすくらい、好きな人に見せる娘の笑顔がたまらなかったのだな~。いいお父さんじゃないですか。若干デリカシー面があれだが。


弱虫ペダル/渡辺航
ウワーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここにきて、連載開始から15年過ぎてですよ、新しいことをやってくれるんですね…とたまらない気持ちになりました。
ここでサイレント回が来るなんて思いもよらなかった。
真波くんと雉くんが出逢ったらどういう感じになるんだろう?とは考えていましたが…
言葉はいらない、の領域ですよね。すごい…。
というか、坂道と真波くんは3年になるまでお互い積み上げてきたものがあるわけですけど、そこに並べる雉くんがやっぱすごいよなあ。
そしてついにインハイかあ~!高校3年の物語と考えるなら最終章に近づいているのかもしれませんが、まあインハイはインハイで始まってから長いですからね。


NINE PEAKS/平川哲弘
異端の者同士という感じの小学生時代。
詳しくは語られていないけど金盛家は裕福ながら厳しそうだし、正反対の2人ですね。
強烈に惹かれ合うというよりは、なんとなくお互い補い合うような、そんな過去だなあ。
余計に今の我妻さんが何を思っているのかが気になる。
世界線説明のページの食レポのくだりには笑ってしまったw


あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
「リョーポー」←かわいい
アイス1個ならギリセーフのルールが無理ありすぎてまたかわいい。


スライム娘は侵食したい/橋本くらら
インコを見てると、ミドリさんアカネちゃんは人前で繕おうとするだけまだ常識枠…に思えてくる。
同居3人目ともなると普通に困りが先に来るよなあ…。


SHY/実樹ぶきみ
ハルさんの思いがわかってよかった。こうして見ると本当に素朴というと変かもしれませんが、ただただ優しいお母さん。
メイちゃんとテルちゃん、シャインとシャイの母親、想像するだけでも難儀な立場ですよ…。


SANDA/板垣巴留
この状況は三田じゃなくても混乱するとは思いますが、焦り方がやっぱり子どもでねえ…なんかせつないくらい。
甘矢はなんだかんだ本当に良い友達だよな。
あれもしかして終わりが近い…?


あつまれ!ふしぎ研究部/安部真弘
ただ座ってるだけに見えて空気椅子、なんだこのシュールな状況…w
「エッヘン」が可愛いしじわじわくる。
千晶先輩はおなかもやわらかでどっからあのパワーが来るのか。


ヤンキーJKクズハナちゃん/宗我部としのり
ワルガキ感のある中学生にとってはハーレム・・・なんだなあ。なお現実は…。
自分の高校時代、クラスの男女比が2:8くらいでしたが女子がかなり幅効かせてたのを思い出します…そう考えると早乙女君はすごいよ…。
華子ちゃんと早乙女君は恋愛とはまた別の…お互いへの信頼感みたいなものがすごく感じられますよね~。


(読切)超能力者の告白/つみきどう
以前にギャルもの2作読切掲載されていたつみきどう先生ですね、やっぱ絵も作風も好きだな。
コントみたいだけどw告白に始まり告白で終わる(?)まとめ方がキレイ。


(最終回)追放された冒険者は強くなるって本当ですか?/長袖ハーフ
3週連続…前回の短期はとても好きだったんですが、今回は何を感じればいいのか…みたいな短期だった…。
準備期間が短かったのかな…とかなんか変な勘ぐりをしてしまう。



---------------


また次週から新連載!今年新連載めちゃくちゃ多くないですか…?
そして個人的にはピンと来ない率が高くてなんとも…申し訳ないのですがこればっかりは無理には…。。